高血圧を治療するなら食事と運動療法を取り入れて

高血圧を治療するなら食事と運動療法を取り入れて

高血圧を治療する場合、ただ薬を飲めば良いというわけではありません。高血圧がどのようなものなのかよく分かっていない人は、万が一高血圧になったとしても、医療機関で薬を処方してもらえば大丈夫だと思うのではないでしょうか。確かに、薬を利用した治療法もありますが、それだけでは無く、食事と運動療法も重要になるのです。高血圧が軽度な状態だと判断された場合は、薬に頼らず、生活習慣の改善だけで様子を見ることも考えられます。

また、高血圧というのは生活習慣の悪化が原因で起こる事が多いのです。高血圧が重度だと判断された場合も、薬と併用して、食事を見直したり、運動を取り入れたりということが必須になるはずです。確かに、薬だけでも薬の作用によって血圧の上昇を抑制することができるものの、生活習慣が改善されていなければ、薬の服用を中止した時に再び血圧が上昇してしまうのです。結局は生活習慣を改善しなければ、高血圧を完全に治す事は難しいでしょう。

では、食事と運動においてどのように気を付ければ良いのかと言うと、野菜を多く摂取すること、栄養バランスのとれた食生活をする事、塩分の摂取を控える事などが挙げられます。また、肥満から高血圧を引き起こすことも多いため、食べ過ぎにも注意する必要があります。

それから運動療法についてです。運動の場合は激しいものではなく、ウォーキングなどの有酸素運動が勧められています。激しい運動は血圧の上昇を促進させてしまう為、高血圧には悪影響を及ぼしてしまうのです。ウォーキングであれば手軽に高齢の方でも実践できるでしょうし、軽い運動はストレス解消にも繋がりますのでメリットは多々得られるでしょう。

このような点に注意をしながら、高血圧の改善に努めてみて下さい。今の段階で高血圧では無い人も、食事や運動に注意することで、高血圧を防ぐことができます。