蛋白尿の原因は高血圧にあるのか?

蛋白尿の原因は高血圧にあるのか?

蛋白尿だと診断されてしまった場合、その原因について把握しておく必要があります。その原因についてはインターネットで調べる方も多いでしょうが、実は高血圧も蛋白尿の原因の一つになるのです。

実は、高血圧になると腎臓に悪影響を及ぼすと言われています。腎臓が正常に働かなくなってしまうと、腎臓で正常にタンパク質が分解されず、そのまま尿に混ざった状態で出てしまうという特徴があります。それだけでなく、腎臓機能が弱まることで血圧の上昇に影響するホルモンが分泌されてしまうのです。そうすると、当然血圧も上昇してしまいますので、高血圧も悪化する恐れがあります。

尿検査をする機会は少ないかもしれませんが、健康診査などで尿検査を行うと、蛋白尿か否か判断することが出来るはずです。そのまま放置してしまう人も多いでしょうが、蛋白尿は腎臓病のサインという可能性も考えられるのです。大事なサインですので、見逃さないようにしましょう。蛋白尿の原因を探ることが病気の早期発見に繋がれば、すぐに治療を開始して、早めに完治することができるはずです。どんな病気も放置すればするほど悪化してしまいますので注意して下さい。

もし、高血圧が原因で蛋白尿が生じている場合は、当然ですが高血圧を改善することが大切です。血圧を下げるには食生活の見直しが大切ですが、栄養バランスのとれた食生活を送るだけでなく、蛋白尿なのであれば、タンパク質が多く含まれている食品の摂取をできるだけ控えることも大切です。

ただ、必ずしも高血圧が蛋白尿の原因とは限りませんので、もし原因が特定しづらいのであれば、医療機関を受診して詳しい検査を受けた方が良いでしょう。もしかすると治療が必要になるかもしれませんが、治療をすることで他の病気の予防にも繋がるのなら、誰もが嬉しいと思うはずです。