高血圧と体温上昇は関係がある

高血圧と体温上昇は関係がある

高血圧になった上に、体温が今までよりも上昇したと感じている人もいるようですが、これは不思議な事ではありません。血圧が上昇することにより、体温も上昇するのが一般的なのです。高血圧は、自律神経の一つである交感神経が刺激されるために起こることがありますが、それによって体が緊張状態になり、体温も上昇することが多いのです。これはストレスも大きく関係しているのですが、ストレスを感じることで血圧も体温も上昇しやすくなりますので、関係していると言えるでしょう。

また、高血圧だけでなく、体温上昇という症状も気になっている場合、高血圧以外の病気に罹っている可能性も考えられます。たとえば、腎臓の病気もその一つですので、体温上昇が気になるのなら、医療機関を受診して医師に相談してみた方が良いかもしれません。高血圧の人は、腎臓に関する合併症にも罹りやすいという特徴がありますので、いずれにしても合併症の可能性というのは常に考えておいた方が良いでしょう。

反対に、高血圧で体温が下がってしまうという人もいます。体温が下がる場合も注意が必要で、心筋梗塞などの病気に罹る可能性もあります。特に冬場は体温が下がりやすいと言われていますし、室内から急に屋外に出ると急激に血圧が上昇するというトラブルも起こりやすいのです。その点も注意しながら、自分の血圧と体温の状態を日々チェックすることをオススメします。特に、入浴時には洋服を脱いで寒い脱衣所、浴室に居ることになるため、血圧が変化しやすいと言えます。高血圧で血行が悪化している状態であれば尚更トラブルが起こりやすいのです。特に高齢の方は入浴には注意して、なるべく血圧が急激に上昇することが無いようにしましょう。

体温が高いとボーッとしたような感覚が続く事になるでしょうから、不安に思うでしょうし辛いはずです。高血圧が改善されれば、体温も下がる傾向にあるでしょうから、まずは高血圧を改善する努力を行ってみましょう。