高血圧と体温が高い事の関係性について

高血圧と体温が高い事の関係性について

高血圧の人で、体温が高いという場合、何か関係性があるのか気になって調べている人もいるでしょう。確かに、血圧が高い人は体温が高い傾向にあります。なぜなら、血圧が高いという事は、それだけ心臓から全身に送り出される時の圧力が高いということになりますので、その分体温も高まりやすいのです。なので、高血圧で体温が高めという事は、そこまで気にする必要は無いかもしれません。
ただ、反対に高血圧なのにも関わらず、体温が低いということもあるようです。高血圧の場合は血管も収縮しやすくなるため、それによって血流が悪化して体温も下がりやすいという傾向はあります。しかし、体温が下がるということは、血液の流れが悪化しており、ドロドロとしている可能性がありますので、合併症が生じるかもしれません。血液中に血栓が出来て、それによって血液が流れなくなってしまえば命に関わります。低体温はそれを知らせるサインの可能性もありますので、注意が必要です。高血圧の人はただでさえ合併症が起きやすいという特徴があるため、最近体温が低くなったなどの気になる症状などがあるのなら、医師に相談してみましょう。
また、体温が下がっていると体が冷えているという事になりますので、余計に高血圧を引き起こす可能性があるのです。血行を促進することは高血圧を改善する上でも大切な事ですので、体温が低いと実感しているのなら、なるべく体を温めるように、ゆっくりと湯船に浸かったり、手足を冷やさない努力をしてみて下さい。