高血圧とたばこの深い関係を知ろう

高血圧とたばこの深い関係を知ろう

高血圧の人はたばこを吸うことで血圧が上昇しやすくなるのです。高血圧とたばこの深い関係を理解することが血圧の上昇を抑制することに繋がります。たばこは有害なものだと分かっていても、具体的にどのように健康を害するのか把握していなければ、結局高血圧を予防・改善することは難しいのではないでしょうか。

たばこには有害な物質であるニコチンが含まれています。このニコチンは副腎を刺激することで、血圧の上昇に繋がるホルモンの分泌を促進してしまうのです。詳しく述べると、血管を収縮させるアドレナリンなどが分泌されるからなのです。それに、交感神経を刺激するという特徴もあるため、ますます血圧は上昇してしまうでしょう。ただ血圧が上昇するだけでなく、血液の流れも滞りやすくなるため、動脈硬化も起こりやすいとも言えます。つまり、心筋梗塞や狭心症といった合併症を引き起こす可能性もあるのです。

このように、高血圧とたばこには深い関係があり、血圧の上昇に大きく影響するため、高血圧の人はたばこを止めるべきなのです。ただ、たばこに含まれているニコチンは依存性が強いため、止めようと思ってもなかなか止められないのが現状でしょう。もし、今まで禁煙にチャレンジしても失敗してきたという人は、禁煙外来などがある医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。市販されているガムなどの禁煙グッズもあります。多少お金は掛かりますが、高血圧を改善したいのであれば禁煙をすることは大切です。医療機関で高血圧の治療を受ける場合は、尚更禁煙が必要ではないでしょうか。それなら、治療を受ける際に医師に相談してみましょう。今は色々な禁煙方法がありますので、自分に合った治療方法が見つかるかもしれません。禁煙するにはある程度の時間と我慢が必要になりますが、禁煙ができれば高血圧以外の病気を予防することもできるのです。特に、高齢になると色々な病気に罹りやすくなりますので、早めに禁煙をして病気を予防しましょう。