高血圧の人はタバコと酒に要注意

高血圧の人はタバコと酒に要注意

高血圧の人は、タバコやお酒が血圧の上昇に繋がりますので、できるだけタバコとお酒を控える必要があります。ただ、男性の場合は特に、タバコやお酒が好きで止められないという人は多いでしょう。

まず、お酒についてです。お酒というのは、血行を促進するというメリットもありますので、実は体に良いとも言われています。確かに適量を飲むのであれば健康効果も得られますし、血行が悪化することによって血圧は上昇しますので、それを抑制することができます。なので、高血圧を改善するのに役立つと言える場合もあります。ただ、摂取量が多すぎると反対に血圧の上昇に影響してしまいますので、毎日大量に摂取するのは避けましょう。

それから、お酒を飲む時には、何も食べないという人もいるでしょうが、おつまみを食べる人もいるはずです。おつまみは塩分が多く含まれていることが多く、血圧の上昇に影響します。なので、お酒を適量飲むとしてもおつまみは食べない、若しくは塩分が少ないものを選ぶことが大切です。

続いてタバコに関してです。タバコは有害なニコチンが含まれており、体に悪影響を及ぼすものでしかありません。なので適量は無いのです。健康体の人がタバコを吸うのも避けるべきですが、タバコを吸う事で血行が悪化してしまい、血圧の上昇に繋がりますので、高血圧の人は禁煙した方が良いでしょう。最初から禁煙をするのが辛いのであれば、徐々にタバコを吸う量を減らしていくという方法でも良いでしょう。禁煙は辛いことだと思いますが、タバコを吸う事で高血圧がいつまでも改善されなかったり、他の合併症を引き起こすというのは避けたいでしょうから、それをいつも念頭に置いた上で、禁煙をするなどして、高血圧の改善に役立てましょう。

毎日の習慣になっていると、タバコもお酒もなかなか止められないでしょう。そのような人は、まず自分の趣味と呼べるものから見つけてみてはいかがでしょうか。趣味が見つかって、時間が出来た時に趣味を楽しむことができれば、タバコやお酒を飲んだりする機会が少なくて済むはずです。どのようにすれば高血圧を予防・改善することができるのか、その原因となるタバコやお酒を止められるのか、真剣に考えてみて下さい。