赤ワインで漬けた玉ねぎを食べて高血圧対策

赤ワインで漬けた玉ねぎを食べて高血圧対策

赤ワインも玉ねぎも高血圧対策に繋がると言われています。赤ワインはそのまま飲んでも良いのですが、それだけでは無く、玉ねぎと一緒に摂取する方法もあるのです。玉ねぎはそのまま食べても良いのですが、お酒が好きな人は赤ワインと一緒に摂取できた方が嬉しいのではないでしょうか。それに、赤ワインに玉ねぎを漬けるといった方法であれば、手間を掛けずに誰でも手軽に作れるというメリットもあるのです。高血圧が気になっているのであれば、赤ワイン玉ねぎを作って、毎日食べてみて下さい。

赤ワインと言うと高級なイメージがあるかもしれませんが、高いもので無くても構いません。大切なのは赤ワインに含まれている成分ですから、安いものを利用しましょう。用意するものは、赤ワイン500mlと玉ねぎ大1個、広口の瓶になります。

まず、玉ねぎを薄切りにして、それを瓶の中に入れます。後はその上から赤ワインを注ぎ、1週間ほど時間を置くだけです。後は、これを毎日少しずつ飲むだけで構いません。中には玉ねぎが入っていますので、玉ねぎは玉ねぎだけ取り出して料理に利用して下さい。あまり時間を置くと腐ってしまう可能性があるため、玉ねぎだけ先に取り出して料理に使った方が良いでしょう。少し赤ワインの風味がするでしょうが、それでも違和感のないビーフシチューなどの料理に利用してみてはいかがでしょうか。

赤ワインが好きな人は、玉ねぎの風味がすることに少し抵抗を感じるかもしれません。しかし、毎日飲むだけで高血圧の改善に繋がるのであれば、飲んでおいた方が良いでしょう。また、自分で作るのが面倒なのであれば、玉ねぎワインといった商品もありますので、購入してみても良いでしょう。自分で作るよりはお金が掛かってしまうでしょうが、継続することが大切ですので、できるだけ手間が掛からない方法を選ぶ人もいるでしょう。もちろん、赤ワインと玉ねぎという形では無く、玉ねぎをそのまま摂取しても構いませんので、高血圧に役立つ玉ねぎをどんどん摂取してみて下さい。