玉ねぎのスライスを食べて高血圧予防

玉ねぎのスライスを食べて高血圧予防

玉ねぎをスライスしたものを食べることにより、高血圧を防ぐことができます。玉ねぎを食べると血行が促進されて血液がサラサラになるというメリットがあるのですが、普段あまり料理をしない人にとって、玉ねぎを使って料理をすることは大変なのではないでしょうか。そのような方は、玉ねぎをスライスしたものを食べると手軽に摂取でき、高血圧を予防・改善することができるでしょう。

玉ねぎをスライスしたものをそのまま食べるというのは、辛くて苦手という人もいるのではないでしょうか。辛味を抑えるには水にさらすのがベストなのですが、水にさらすと玉ねぎの有効成分が流れてしまうというデメリットがあるのです。なので、高血圧の改善の目的で摂取するのなら、水にさらすのは避けましょう。

辛味が気になるのなら、味付けを工夫してみるという方法もあります。たとえば、玉ねぎをスライスしたものにごま油、砂糖、しょうゆ、塩を加えるだけでも味が随分と濃くなり、おつまみにもピッタリな味付けとなります。ただ、高血圧の方はできるだけ塩分の摂取を控える必要がありますので、醤油や塩は控えめに加えてみて下さい。

また、高血圧に対する効果を高めるのであれば、玉ねぎをスライスした後、15分程放置することも大切です。放置することで有効成分が増えますので、せっかく食べるのなら、少し時間を置いて効果を高めましょう。

それから、さっぱりと食べたいのであれば、お酢と減塩醤油を加えるという方法もあります。そうするとさっぱりと食べられますし、朝食、昼食、夕食と色々な場面で活躍するのではないでしょうか。何より、短時間で作れるというメリットがあります。

高血圧を改善するには玉ねぎを摂取することも効果的ですが、それ以外の方法も実践しましょう。そうすることで効果が高まり、比較的短期間で高血圧が改善できる可能性があります。玉ねぎ以外にも高血圧に役立つ食べ物は多々ありますので、料理を作るのが好きな人は、意識して色々な食材を普段の食生活に活かしてみて下さい。