玉ねぎの皮は特に高血圧の改善に役立つ!

玉ねぎの皮は特に高血圧の改善に役立つ!

普段、料理に玉ねぎを利用する場合、玉ねぎの皮は剥いてそのまま捨ててしまうという人が多いのではないでしょうか。確かに、玉ねぎの皮は食べるものではないと思うかもしれませんが、高血圧の改善に役立つ成分が含まれているのです。高血圧を改善するために、玉ねぎを食べると血液の流れを促進して血圧が上昇しにくくなると言われていますが、実は皮にも高い効果が期待できるのです。

玉ねぎの皮には、ケルセチンという成分が含まれているのですが、この成分もまた血液をサラサラにしてくれる嬉しい効果があります。ただ、そのまま食べることは抵抗を感じる人が多いでしょうから、玉ねぎの皮を利用してお茶を作ってみてはいかがでしょうか。

玉ねぎの皮を使ったお茶の作り方を紹介しましょう。材料は、玉ねぎ2個、水1リットルです。玉ねぎの皮はよく洗って、剥いておきます。鍋の中に水を入れ、玉ねぎの皮を入れて弱火にかけ、じっくりと煮出しましょう、沸騰したところで玉ねぎの皮は取り、玉ねぎの皮を使ったお茶の出来上がりです。

玉ねぎの皮を使ったお茶と言っても、皮を煮出しただけのものですから、お茶のように普通に飲めるわけではないでしょう。最初は抵抗を感じる人も多いようです。しかし、飲むだけで高血圧の改善効果が期待できるのなら、飲み続けてみてはいかがでしょうか。それに、玉ねぎの皮を使うだけで出来ますので、ほとんどお金も掛かりませんし、手軽に作れます。毎日飲み続ければ味に慣れるかもしれません。ただ、ある程度の期間飲み続ける必要がありますので、継続的に飲み続けられるのかどうかについても判断してみると良いでしょう。味がどうしても苦手なのであれば、できるだけ毎日玉ねぎを摂取して、血液の流れを促進することをオススメします。たとえば、玉ねぎを使ったスープであれば、美味しく飲むことができるでしょう。多くの野菜を加えることで高血圧の改善だけでなく、ダイエット効果も期待できますので、ぜひ検討してみて下さい。