早朝高血圧の治療法について

早朝高血圧の治療法について

高血圧の中でも早朝高血圧は特に注意する必要があります。では、万が一早朝高血圧になった場合はどのような治療を行うのでしょうか。

一般的には、どの高血圧にも言えることですが、降圧剤を利用した治療が主になります。降圧剤は血圧の上昇を抑制するものですが、早朝高血圧の場合は、朝に血圧が上昇しにくくなる薬であったり、24時間通じて血圧の上昇を抑制できる薬が用いられているようです。薬にも色々な種類がありますので、その人の状態によって医師が判断することが多いのですが、基本的に早朝高血圧の場合は早朝に血圧が上昇しやすいという特徴がありますので、それを抑制する薬が用いられることになるでしょう。

特に早朝高血圧に効果的だと言われている薬は、アンジオテンシン受容体拮抗薬であったり、アンジオテンシン変換酵素阻害薬などが用いられます。血圧の上昇を抑制する原因となるホルモンの働きを抑制したり、血圧上昇の原因となるアンジオテンシンⅡの合成を阻害するなどの効果が期待できますので、早朝高血圧の人にも向いているでしょう。その他には、α遮断薬が使用されることもありますが、これは血管の収縮の原因となる交感神経の働きを抑制する効果があります。血管が収縮することで血液の流れが悪くなり、血圧が上昇してしまいますので、α遮断薬も効果的なのです。

また、カルシウム拮抗薬や利尿薬が用いられることもあります。これらは一般的な高血圧の治療にも使用されるのですが、効果が24時間持続するという特徴がありますので、早朝高血圧の人に処方されやすいでしょう。

但し、最初に処方された薬が必ずしも効果的とは限りません。ある程度の期間飲み続けて効果が得られなかった場合は、別の薬を試したり、薬を併用するなどの方法があるのです。すぐに効果が得られなければ残念に思うかもしれませんが、高血圧の治療は長期間掛かると思っておいた方が良いでしょう。また、薬の副作用で悩まされることもあるでしょうが、どうしても我慢できない時には医師に相談してみましょう。薬と常時に付き合うことで、早朝高血圧を改善することができるはずです。