高血圧でジョギングを早朝にするのは危険?

高血圧でジョギングを早朝にするのは危険?

高血圧を改善するには、運動をすることが大切だと言われています。なので、血圧が高めの人は早速運動をしようと思う事もあるでしょう。しかし、高血圧の人が運動をする時には注意すべきことがあるのです。

高血圧の人は耳にしたことがあるかもしれませんが、早朝にジョギングをするのは避ける必要があります。まず問題なのが早朝という時間帯です。朝会社に行く前、活動する前は運動をする時間がとりやすいというメリットがあるかもしれませんが、実は早朝は脳卒中などのトラブルが起こりやすいと言われている時間帯なのです。高血圧の人は脳卒中や心筋梗塞が起こりやすいという特徴がありますが、血圧が高い状態で早朝にジョギングをすることで血圧が更に上昇してしまい、ジョギング中に倒れてしまう危険性があります。なので、早朝の時間帯にジョギングをするのは避けた方が良いでしょう。

また、ジョギングというのも一つのポイントです。ジョギングをすれば運動量もありますし、高血圧の改善にピッタリだと思うかもしれません。しかし、ジョギングは血圧が上昇しやすいという特徴があります。人間は走ると疲れるでしょうし、汗もかくでしょう。それだけ血圧が上昇しやすいのですが、高血圧の人が急激に血圧が上昇してしまうと、合併症を引き起こしやすくなり危険です。運動をするのは良いことなのですが、激しい運動であるジョギングは避けて、血圧が急激に上昇しにくいウォーキングを実践することをオススメします。

また、冬場は特に室内と外の気温差が大きいため、血圧が変動しやすいという特徴もあります。早朝は特に気温が低い状態ですので、高血圧の人は外に出るのは避けた方が安心です。気温が高くなって、室内との気温差が少なくなった時に運動をするようにしましょう。それなら、ウォーキングなどをしても構いません。

高血圧の人はこのような点に注意する必要がありますので、できればジョギングは避けましょう。また、高血圧の段階によっては運動を避けた方が良い場合もありますので、まずは医師に相談した上で、自分に適した運動方法を実践することをオススメします。