早朝高血圧はなぜ起こるのか?

早朝高血圧はなぜ起こるのか?

高血圧の中には、早朝高血圧というものもあります。その名前の通り、起床時に血圧が高い状態を指しますが、早朝高血圧はなぜ起こるのでしょうか。

通常であれば、血圧というのは日中から夜に掛けて、徐々に血圧が下がっていきます。血圧が下がることで寝つきやすくなり、寝ている間はずっと低い状態が続いて、起床してから徐々に血圧が上昇するものなのです。しかし、人によっては夜になっても血圧が下がらず、そのまま朝を迎えることで高血圧になる場合があるのです。

また、日中も血圧が高い状態の人は、高血圧の治療で降圧剤を服用することもありますが、降圧剤の服用中でも早朝高血圧が起こる人がいるのです。降圧剤を服用することで日中は血圧が下がりやすいのですが、夜から朝に掛けての血圧が上昇してしまう人がいると言われています。なので、降圧剤を服用している人でも安心は出来ません。また、自分自身で早朝高血圧であることに気付きにくいという特徴もありますので、降圧剤を服用している人は朝と夜の12回は最低でも血圧を測定するように心がけた方が良いでしょう。

また、早朝高血圧の人は脳卒中や心筋梗塞が起こりやすいという特徴がありますので、このようなトラブルを防ぐためにも早朝高血圧を改善することは大切だと言われています。脳卒中が起こりやすい時間帯は、午前6時から正午に掛けてですから、この時間帯の血圧を安定させることが重要となります。

人によっては、日中はそこまで血圧が上昇しない場合もあります。その代わり、夜から朝にかけての血圧が高くなってしまうこともある為、早朝高血圧の可能性が疑われるのであれば、一度1日掛けて高血圧の検査入院をしてみても良いでしょう。医療機関では、自分の高血圧の変動を知るために、24時間血圧を測定するという検査方法もあります。そうすれば、より詳しく自分の状態が知れますし、適切な治療法も把握できるはずです。もちろん、早朝高血圧かどうかも容易に判断できますので、まずは検査を受けてみると良いでしょう。