高血圧を予防するそばに関するレシピ

高血圧を予防するそばに関するレシピ

高血圧を予防・改善するのに効果的な食べ物が多々ある中で、そばが挙げられます。そばというのはスーパーなどで手軽に購入できるものですし、頻繁に食べているという人も多いのではないでしょうか。そばを食べるだけで高血圧を予防・改善できるのなら簡単だと感じるはずです。そこで、高血圧に効果的なそばに関するレシピを紹介しましょう。

そばは手軽に作れるものですので、レシピというほどのものではありませんが、ただそばを食べるのではなく、山かけそばにすると更に高血圧に効果的です。また、ねぎなども加えると、血液の流れを促進する効果も期待できるのです。山かけそばも人気の高い食べ物でしょうし、頻繁におそばを食べると飽きてしまう可能性がありますので、自分でアレンジしながら作ってみましょう。たとえば、山掛だけでなく、温泉卵を入れるだけでも味が変わりますし、ボリュームもアップするというメリットがあります。肥満から血圧が上昇することもありますが、食事をそばに変えることで摂取カロリーが抑えられる可能性もありますので、そばを活用してダイエットにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

そもそも、なぜそばが高血圧に効果的なのかと言うと、そばに含まれるルチンがその理由なのです。ルチンというのはポリフェノールの一種ですが、血管を強化し、血圧を下げる働きがあると言われています。血管が強くなれば動脈硬化などを引き起こしづらくなりますので、合併症の予防にも繋がるでしょう。麺類の中でも多くのルチンが含まれているのがそばですから、うどんやそうめんでは無く、そばを積極的に食べてみましょう。

ただ、そばを食べる際のつゆや汁は塩分が豊富に含まれているのです。塩分は血圧の上昇に影響しますので、そばを食べる時に汁などは飲まないようにしましょう。自分で作る際には薄味を心がけることも大切です。このような注意点はあるものの、そばで手軽に高血圧の予防・改善に繋げることができますので、ぜひ意識してみて下さい。