高血圧の正しい測定方法とは

高血圧の正しい測定方法とは

高血圧かどうか測定するには血圧計を使用しますが、血圧計の正しい使用方法を把握する必要があるでしょう。血圧は正確に測定しなければ意味がありません。わざわざ医療機関に血圧を測定しに行くという人はまずいないでしょうから、まずは自宅などで血圧を測定するのではないでしょうか。

血圧計の使用方法は非常に簡単ですので、誰でも使用できるはずですが、念のため使用方法を紹介していきましょう。用意するものは血圧計とタオルです。タオルを使用しない人もいるでしょうが、腕の高さを心臓と同じ高さにすることによって、より正しい血圧が測定できるのです。なので、高さの調節のためにタオルを使用することをオススメします。

さて、肝心な測定方法ですが、片方の手で上腕動脈を探して下さい。そして、肘の少し上の部分に対して、カフの中心をあてるようにして腕に巻いて下さい。指が1本分入るくらいのスペースを残して、しっかりと巻いて下さい。後は、血圧計のスイッチを押して測定するだけです。そうすれば、後は最高血圧と最低血圧が出るはずですから、自分が高血圧か否かをチェックしてみて下さい。

また、血圧計の使用方法はこの通りなのですが、その他にも注意すべき点があります。まず、イスに座って背筋をピンと伸ばし、リラックスした状態で座ります。それだけでなく、運動をした後などは血圧が高い状態にありますので、しばらく体を動かさずに安静にした上で血圧を測定することもポイントです。そうでなければ血圧の数値が高く出てしまう可能性がありますので注意しましょう。

その他にも注意すべきポイントはあるのですが、まずはこの測定方法が基本となりますので、測定してみましょう。それでも血圧の数値がおかしい場合や、毎日測定しても血圧が安定しない場合、あまりにも血圧が高い場合には、医療機関を受診して、1度正しい血圧を測定してもらうという方法もオススメです。血圧計はドラッグストアやインターネット通販で手軽に購入できますので、持っていないという方は買ってみてはいかがでしょうか。