生命保険で持病の高血圧がある場合はどうする?

生命保険で持病の高血圧がある場合はどうする?

生命保険への加入や切り替えを検討している方も多いでしょう。やはり年齢を重ねるにつれて万が一のことが気になるようになるでしょうから、生命保険への加入を検討する人は多いはずです。しかし、生命保険に加入する前の段階で、持病の高血圧がある場合はどうでしょうか?加入できるのか否か、詳しい説明をしていきましょう。

生命保険で持病の高血圧がある場合、全ての生命保険に加入できるわけではありません。基本的には持病のある人は加入できないことが多いはずです。ただ、医療機関での治療が必要無かったり、高血圧が完治している場合には加入できる可能性があります。但し、加入する際には告知が必要ですので、告知をする際には高血圧で飲んでいる薬であったり、最近の血圧の数値、治療開始日など、詳しい現状を伝えてみましょう。

また、保険にもいくつかのタイプがあります。一般的な保険は最も入りにくいと言えますが、限定告知型であったり、無選択型の場合は加入できる可能性があります。特に、無選択型の場合は加入できる可能性も高いですから安心して下さい。限定告知型の場合は、全てを告知する事は無く、限定された病気に罹っている場合にのみ、告知をする必要があると言えますので、告知項目に高血圧が含まれていない場合もあります。その分、保証の充実度としては自分が希望するよりも低くなってしまうかもしれませんが、それでも加入しないよりは安心でしょう。

また、持病のある人でも入れる生命保険もあります。持病の種類や状態にもよりますが、高血圧でも医療機関できちんと血圧がコントロール出来ている場合、軽度の高血圧の場合には加入できるかもしれません。なので、一般的な保険で加入できなかったのであれば、持病のある人でも入れる生命保険を探してみましょう。最近はインターネットサイトからまとめて資料請求できるものもありますので、容易に探せるのではないでしょうか。まずは、どのような生命保険があるのか調べてみましょう。