生命保険の審査で高血圧だと加入不可?

生命保険の審査で高血圧だと加入不可?

生命保険に加入する際には、必ず審査が行われます。なので、誰でも簡単に加入できるわけではありません。保険会社も万が一の時には保険料を支払うというリスクが伴いますので、今まで病気に罹ったことがある人、病気に罹るリスクが高い人だと審査で判断された場合は加入を断られてしまう場合があるのです。

では、生命保険の審査において高血圧というだけで加入不可なのかどうかという点も気になるでしょうが、高血圧というだけでも加入できない可能性はあります。高血圧患者は全国各地で増加傾向にあるものの、様々な合併症の危険性がありますし、高血圧は手軽に治療できるものではないのです。その点を考慮した場合に、生命保険に加入できないという判断が下される可能性があるのです。

しかし、高血圧でも加入できる生命保険はあります。高血圧には3段階あるのですが、軽度の場合は治療をすることで早期に正常血圧になる可能性も充分に考えられますし、合併症を引き起こすリスクも少ないことから、加入できる保険はあるでしょう。ただし、この場合も保険会社によって異なりますので確認が必要です。一つのところで断られたからといって諦めるのではなく、いくつか同時に資料請求をしたり、審査してもらうと良いかもしれません。

また、高血圧の中でも重度の場合は残念ながら一般的な生命保険に加入できないことが多いでしょう。その場合は病気に罹っている人でも加入できる保険を探してみてはいかがでしょうか。この場合もいくつか条件があるものの、場合によっては加入できるかもしれません。

いずれにしても、絶対に加入できないとは言い切れませんので、審査をする前の段階から諦めずに、きちんと告知をして審査してもらってみてはいかがでしょうか。告知項目が少ないところや条件が少ないところも多いですから、探してみると意外と加入できる生命保険は多い可能性も考えられます。また、自分の努力次第で高血圧を改善したり、治療を受けることで高血圧が改善する場合も多いですから、たとえ今の段階で加入できなかったとしても諦めずに、治療に専念することをオススメします。