低血圧と高血圧になりやすい性格の特徴

低血圧と高血圧になりやすい性格の特徴

みなさんは自分自身がどのような性格なのか理解しているでしょうか。実は、性格の特徴によって低血圧、もしくは高血圧になりやすい場合もありますので、低血圧や高血圧が気になっているのなら、自分の性格が関係しているのか否かを把握した方が良いでしょう。

まず、低血圧になりやすい性格の特徴ですが、低血圧の方は生真面目な人、心配性の人、神経質な人…などの特徴あがります。また、食生活も乱れていて、食事の量が少ない人、栄養バランスが乱れている人も低血圧になりやすいのです。つまり、生活習慣が乱れている人が低血圧になりやすいのです。低血圧は、女性ホルモンの分泌が関係しているという説もあります。女性ホルモンの中には血管を広げる働きのあるものもあるのです。血管が広がると良いのでは?と思うかもしれませんが、血圧が低いことが影響して越流が悪化してしまい、貧血を引き起こす傾向にあるのです。

今度は反対に、高血圧になりやすい人の性格の特徴について紹介しましょう。高血圧になりやすいのは、ストレスを溜め込みやすい人、忙しい日々を送っている人、イライラしやすい人などが挙げられます。人間は忙しいとストレスが溜まるでしょうし、特に仕事によるストレスは体に大きな影響を与えてしまいます。ストレスを感じることで血管が収縮して血圧が上昇するという特徴があるのです。また、生活習慣の乱れから高血圧が生じることもあります。

低血圧と高血圧の特徴を見ると、不思議だと思う人もいるのではないでしょうか。実は、生活習慣の乱れは低血圧にも高血圧にも関係しているのです。若い時には、生活習慣の乱れによって低血圧になりやすいのですが、年齢を重ねるにつれて、今度は高血圧に影響するものなのです。もちろん、断言はできないのですが、基本的にはこのような特徴がありますので、予防したいのであれば、まずは生活習慣を見直す必要があるでしょう。ストレスを溜め込まない、栄養バランスのとれた食生活を心がける、睡眠をたっぷりとるなどの手軽に実践できるポイントがありますので、意識してみて下さい。