血圧の正常値と高血圧の値について

血圧の正常値と高血圧の値について

血圧を測定した時に、その数値が正常なのか否かを判断することが難しい人もいるでしょう。どこまでの範囲が正常なのか知らないのは当然かもしれません。特に若い人は自分の正常値だけでなく、高血圧がどこからなのかを知る機会が少ないでしょう。健康診断をした時などに知る程度ではないでしょうか。しかし、最近は若い人でも高血圧になる人が増えていますので、若い人でも血圧の正常値と高血圧の値の判断基準を把握しておいた方が役立つはずです。そこで、数値について詳しく紹介していきましょう。

血圧の正常値ですが、拡張期血圧が80未満で収縮期血圧が120未満の場合は、至適正値となります。そして、拡張期血圧が85未満、収縮期血圧が130未満の場合は正常血圧となります。つまり、この値までが正常値となりますので、血圧を測定した時にそれ以上なら、注意した方が良いでしょう。

しかし、それ以上と言っても、高血圧には何段階かありますので、自分がどの段階なのか把握することも大切なのです。たとえば、正常高値血圧という分類があります。これは、拡張期血圧が8589、収縮期血圧が130139の場合です。続いて、Ⅰ度高血圧ですが、これは高血圧の中でも軽度となります。拡張期血圧が9099140159の場合です。続いて、Ⅱ度高血圧ですが、これは中度となります。拡張期血圧が100109、収縮期血圧が160179となります。最後がⅢ度高血圧ですが、これは重度となりますので最も危険です。拡張期血圧が110以上、収縮期血圧が180以上の場合ですが、この場合はすぐにでも治療を開始する必要がありますので、医療機関を受診しましょう。

このように、高血圧にも分類がいくつかあることを把握して、もし不安に思うことがあるのなら、まずは受診してきちんと血圧を測定してもらうことをオススメします。また、たとえ正常値だったとしても安心せず、高血圧を予防する生活習慣を送った方が良いでしょう。高血圧になってから治療を開始すると、完治するまでに時間が掛かることも把握しておきましょう。