高血圧の正常値を年齢別にみると?

高血圧の正常値を年齢別にみると?

高血圧の正常値というものはありますが、正常値と言っても細かく見ると年齢によっても正常値が異なるものなのです。加齢によってどうしても血圧は上昇しやすくなりますので、ある程度数値が高かったとしても正常な範囲内である可能性もあります。なので、高齢の人は特に、自分の年齢別の正常値を把握しておいた方が良いでしょう。

では、詳しい高血圧の正常値を年齢別に見ていきましょう。まず、男性と女性というだけでも、正常値は多少異なります。男性の場合は20代だと上が118mmHg、下が75mmHg30代だと上が125mmHg、下が79mmHg40代だと上が131mmHg、下が84mmHg50代だと上が138mmHg、下が85mmHg60代だと上が143mmHg、下が84mmHg70代だと上が147mmHg、下が80mmHgとなります。

続いて女性ですが、20代だと上が113mmHg、下が76mmHg30代だと上が115mmHg、下が71mmHg40代だと上が125mmHg、下が77mmHg50代だと133mmHg、下が81mmHg60代だと上が141mmHg、下が81mmHg60代だと上が146mmHg、下が78mmHgとなります。

このように、年代によっても血圧の正常値に大きな差が生じていることがお分かり頂けるでしょう。また、年代別に高血圧の特徴も異なります。たとえば、若い人は下の血圧の方が高い傾向にあるという点です。若い人は生活習慣の乱れによって血圧が上昇しやすくなるのですが、生活習慣の乱れが原因の場合は下の血圧が高くなりがちなのです。

また、加齢によって今度は下の血圧は低いにも関わらず、上の血圧が高い状態になりがちです。このような特徴があると、動脈硬化を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。動脈硬化は命にも関わりますので、きちんと予防する必要があるでしょう。そのためにも、もし高血圧なのであれば、早めに改善する努力をしてみて下さい。まずは、自分の年齢別の正常値を把握し、実際に自分の血圧を測定して高血圧か否かをチェックしてみましょう。もし高血圧なのであれば、まずは生活習慣を見直したり、あまりにも血圧が高いようであれば医療機関を受診して高血圧を改善することをオススメします。