高血圧を予防・改善する生活指導について

高血圧を予防・改善する生活指導について

高血圧を予防・改善するには普段の生活を見直すことがポイントです。自分が当たり前にしていることが、実は血圧の上昇に影響しているということも充分考えられますので、自分自身で何がいけないのかきちんと気づくためにも、正しい生活習慣を学んだ方が良いでしょう。

高血圧を予防・改善するには、まず適度な運動を毎日続けることが大切です。普段、意識して運動していない人もいるでしょう。若い時には自然と体を動かす機会があるでしょうが、年齢を重ねると普段は仕事をしていて、なかなか体を動かす機会が無いかもしれません。しかし、運動不足によって代謝が落ちてしまい、血液の流れも悪くなって血圧が上昇することになりますので、代謝を高めるためにも運動不足を解消することが大切です。

激しい運動では無く、誰でも簡単に実践できるウォーキングで構いませんので、毎日継続してみましょう。できれば130分間実践できれば早く効果が実感できるのではないでしょうか。ウォーキング以外にも、高血圧の予防に効果的なのは有酸素運動ですので、有酸素運動を心がけてみて下さい。

また、意外と自分での見直しが難しいのが食生活かもしれません。食事には好き嫌いがあるでしょうが、その好き嫌いが血圧の上昇に影響する場合も考えられます。たとえば、油ものや糖分が多く含まれたものを好む人は、血圧が上昇しやすいのです。なぜなら、血液がドロドロになって流れが悪くなることで血圧が上昇するためです。しかし、それ以外にも食生活の見直しにおいて大切なポイントは多々あります。たとえば、塩分の摂取量です。なので、どのような食生活を送れば良いのか分からないのであれば、生活指導を受けてみると良いかもしれません。

医療機関などでは、高血圧を予防・改善したいという人向けの生活指導を行っている場合があります。ここ数年で高血圧患者は急激に増えていますので、このような生活指導を希望する方も多い傾向にあります。なので、身近なところで生活指導を実施しているところを探してみてはいかがでしょうか。

また、高血圧だと診断された場合は、医療機関で治療を受けるだけでなく、医師から直接生活指導を受ける場合も多いのです。それだけ自分での努力も必要だと言えます。薬だけで改善できるものではありませんから、まずは医療機関を受診して高血圧なのか否かを知ることから始めてみるのもオススメです。