高血圧の人はスポーツドリンクの摂取に注意

高血圧の人はスポーツドリンクの摂取に注意

夏場は汗をかきやすいですが、汗には塩分も含まれています。汗をかくということは、それだけ体内の塩分が失われてしまいますので、きちんと補う必要があるのです。水分だけでなく、塩分の不足によって熱中症に罹ってしまうと言われています。

塩分を補うためにスポーツドリンクが効果的と言われていますので、積極的に飲んでいる人もいるでしょう。しかし、高血圧の人はスポーツドリンクの摂取に注意しなければなりません。確かに、スポーツドリンクには塩分が含まれていますので、通常なら熱中症予防に効果的です。しかし、塩分は血圧の上昇に影響しますので、高血圧の人はできるだけ塩分の摂取を控える必要があるのです。いくら普段の食事で塩分に注意していても、毎日大量にスポーツドリンクを飲んでしまえば意味が無くなってしまいますので気を付けて下さい。

また、高血圧の人にスポーツドリンクがオススメできない理由はもう1つあります。スポーツドリンクは甘いですが、糖分がたっぷりと含まれているのです。糖分を摂取することも血圧の上昇に影響しますので、糖分も控えるべきです。糖分を摂取することで血液の流れが滞ってしまいますし、脂肪にも繋がります。肥満も高血圧になりやすいという特徴がありますので、肥満気味の方は特に要注意です。普段の食生活を気を付けるだけでなく、スポーツドリンクなどの飲み物の摂取にも注意しましょう。

しかし、難しいのが夏場は絶対にスポーツドリンクを飲まない方が良いわけではない点です。結局、大量に汗をかいているにも関わらず、高血圧ということによって塩分の摂取を控えると、熱中症にかかる恐れがあります。なので、もし高血圧によって治療を受けているのなら、医師に確認してみましょう。塩分摂取量の目安についてアドバイスをしてもらえるでしょうから、あくまで過剰摂取にならないように、適量を摂取してみて下さい。そうすれば、熱中症を予防しつつ、血圧の上昇も抑制できるはずです。