高血圧を改善するなら酢を使ったレシピを参考に

高血圧を改善するなら酢を使ったレシピを参考に

高血圧を改善するには、毎日お酢を摂取することが効果的です。お酢を飲むことで血管を拡張し、血液の流れを促進する効果が期待できるのです。もちろん、そのままお酢を飲んでも良いのですが、毎日飲んでいると飽きる可能性がありますし、お酢の味が好みではない人は飲むことが苦痛に感じるかもしれません。そのような時には、お酢を使ったレシピを参考にしながら、料理に活用してみてはいかがでしょうか。今回は、高血圧に効果的なお酢を使ったレシピをいくつか紹介しましょう。

まずは、立派なおかずになるレシピです。材料は鶏のささみ2本、なす1本、ピーマン1個、お酒小さじ1杯、オイスターソース大さじ1杯、お酢大さじ1.5杯、片栗粉小さじ1杯です。

続いて作り方ですが、鶏のささみは一口大に切って、なすとピーマンは適度な大きさに切って下さい。フライパンにオリーブオイルを敷いて、最初に鶏ささみを入れて炒めます。焼き色が付いたら、今度は野菜も加えて炒めて下さい。ある程度炒めたら、お酢、お酒、オイスターソースを加えて、しっかりと炒めて下さい。最後に水溶き片栗粉でとろみを付ければ完成です。非常に美味しく、お酢の酸味が夏の疲れを解消するにもピッタリな料理ですので、試してみて下さい。

また、手軽に作れる酢たまねぎというレシピをご存知でしょうか。そのまま食べることも出来ますし、様々な料理に活用できますので、まとめて作っておくのもオススメです。材料も少なくてすみます。材料は玉ねぎ2個、塩少々、はちみつ大さじ3杯、お酢200ccです。

まず、玉ねぎを薄く切って、1時間ほど時間を置いて下さい。鍋に塩、はちみつ、お酢を入れて少し温め、火を止めます。その中にスライスした玉ねぎも加えて混ぜ合わせたら、後は容器の中に全て入れて冷蔵庫で寝かせるだけです。使用する容器は、密閉されたものを使用して下さい。そこまで長期間持つものではありませんが、ある程度長持ちしますので、ぜひ作って摂取してみて下さい。毎日摂取し続けることによって、血圧の上昇が落ち着くかもしれません。

また、お酢をそのまま飲むのではなく、少しアレンジしてみても良いでしょう。たとえば、リンゴ酢などを作ると、美味しく手軽にお酢が摂取できますよね?自分で作るのが面倒なのであれば、市販されているものを購入してみても良いでしょう。

このように、お酢を使ったレシピは多々あるのです。毎日同じ料理だと飽きてしまうでしょうが、レシピサイトなども参考にしながら自分に合った方法でお酢を摂取してみましょう。