高血圧の予防をするなら水分がポイント

高血圧の予防をするなら水分がポイント

高血圧を予防するのであれば、水分を補うことが大切です。水分不足になると血液の流れが滞ってしまい、血圧が上昇してしまうのです。人間はただ日常生活を送るだけでも体内の水分は排出されていますので、それを補うことが重要です。ただ水分を摂取するだけでも高血圧には効果的なのですが、高血圧を防ぐのであればいくつかのポイントもあるのです。

すでに血圧が高い場合は軟水よりも硬水を選ぶようにしましょう。飲みやすいのは軟水なのですが、硬水の方がミネラル分が豊富に含まれているという特徴があるのです。高血圧を予防するためにはミネラル分を補うことが大切ですから、硬水の方が適していると言えます。特に、マグネシウムやカルシウムが豊富に含まれている種類の水を選びましょう。普通の水道水は軟水ですので、硬水のミネラルウォーターを選ぶことをオススメします。

ナトリウムは血圧の上昇を促進させるという特徴があるのですが、カルシウムはナトリウムの体外への排出を促進するという特徴があるのです。また、カルシウムは年齢を重ねるにつれて不足しがちな栄養素ですから、ミネラルウォーターから補うことが効果的です。

ただし、あまりにも大量に摂取すると下痢を生じる可能性があります。12リットル以上摂取するのは避け、こまめに摂取するようにしましょう。15回程度に分けて摂取するのが理想的ですので、500mlのペットボトルを持ち歩いてこまめに摂取してみてはいかがでしょうか。

もし体調を崩してしまった場合は軟水に替えたり、飲む量を減らすなどの工夫をしてみて下さい。飲むのを止めてしまうと血液の流れが悪くなって高血圧を引き起こす危険性がありますので、あくまで水は摂取し続けることが大切です。

また、水分は毎日補うことが大切ですので、1日だけでは無く、毎日飲み続けてみて下さい。ミネラルウォーターとなるとお金が掛かってしまいますので、自宅でウォーターサーバーを利用した方がお得に済むかもしれません。その点も併せて先々のことを考えつつ、選んでみましょう。