高血圧は酒とタバコが大きな原因に

高血圧は酒とタバコが大きな原因に

高血圧を予防・改善したいのであれば、酒とタバコを控えることが大切です。酒とタバコは特に男性が好むものでしょうし、なかなか止めようと思っても止められないでしょう。しかし、高血圧に大きな影響を与えますので、改善したいのであれば思い切って止めるのが1番です。ただ、良くないことが分かっていても、結局どのように高血圧に悪影響を与えるのか理解していなければ、止めるという大きな決断はできないはずです。そこで、高血圧に対して酒とタバコがどのような影響を与えるのか紹介しましょう。

タバコにはニコチンが含まれていますが、ニコチンは副腎を刺激するという特徴があるのです。それによって血圧の上昇に繋がるホルモンの分泌を促進させてしまいます。それに、交感神経を刺激するというデメリットもあるため、様々な作用によって血圧が上がってしまうのです。タバコは高血圧だけでなく、それ以外の病気も招いてしまいますので、健康のためには禁煙するべきでしょう。

また、アルコールは血行を促進する作用がありますので、大量に飲み過ぎるのは危険です。適量であれば少し血行が促進される程度で済みますので、むしろ健康に良いと言われています。しかし、大量に飲むと血行が促進されることに伴い、血圧が上昇してしまいますので、高血圧に影響を与えるのです。お酒の場合は禁酒はせずに、量を減らすだけで効果が実感できる可能性はありますので、お酒が好きな人は安心して下さい。ただ、お酒が好きな人は量を減らすだけでも辛いと感じるでしょうから、最初は努力が必要です。

このように、お酒やタバコといった身近なものが高血圧に大きな影響を及ぼしてしまうのです。それだけでなく、生活習慣を見直すこともポイントではありますが、お酒を飲んだりタバコを吸うことが当たり前になっている人は、まずそこから見直してみましょう。最初から色々なことを実践すると、結局嫌になって挫折してしまう可能性があるのです。高血圧を改善するのは簡単なことではありませんので、その点を理解した上で、少しずつできることから始めてみましょう。