高血圧の人の酒の適量について

高血圧の人の酒の適量について

お酒は適量であれば健康に良いとされていますが、大量に飲み過ぎてしまうと健康に良いどころか健康を害してしまう可能性があります。お酒を飲み過ぎると体がポカポカと温かくなってくるという経験のある方も多いでしょうが、それだけ体の血行が促進されるのです。つまり、血圧も高くなるというわけです。高血圧の人はお酒を飲まない状態でも血圧が高いわけですから、お酒を飲み過ぎるとさらに血圧が高くなり危険ですので、できればお酒を飲まない方が良いでしょう。

それでもお酒が我慢できない人もいるでしょうから、その場合はお酒の適量を把握しておくことをオススメします。適量であれば毎日飲んだとしても高血圧には影響せずに済むでしょう。

では、肝心な高血圧の方のお酒の適量ですが、缶ビールの場合は350ml1本程度だと言われています。また、アルコール度数はお酒の種類によっても異なりますので注意が必要ですが、ワインの場合はビールよりもアルコールの度数が高いため、コップ1杯程度にしましょう。日本酒や焼酎の場合も注意が必要で、0.5合程度を目安として下さい。

この量を上回ったからと言って必ずしも高血圧に悪影響を及ぼすわけではありませんが、意識してお酒を控えることは大切です。最初は物足りないと感じるかもしれませんが、徐々に慣れてくるでしょうから、最初は我慢しましょう。

適量であれば毎日飲んでも高血圧には影響が無いでしょうし、むしろ血行が促進されることで病気の予防に繋がる場合もあるのです。ただし、お酒と一緒におつまみを食べたりすると、血圧の上昇に繋がりますので気を付けて下さい。おつまみは塩分が多く含まれているものが多いですが、塩分は血圧の上昇に影響するのです。お酒を飲む場合でもできればおつまみを避けたり、塩分が含まれていない食べ物を食べるようにしましょう。たとえば豆腐などがオススメです。おつまみについても忘れないように意識して、お酒を飲んでみて下さい。お酒を飲むことでストレス解消になる人もいるでしょうから、絶対に禁酒すると決めるのではなく、最初は量を減らすことから始めてみて下さい。