高血圧のリスクは酒の種類によっても変わる?

高血圧のリスクは酒の種類によっても変わる?

高血圧を予防・改善するにはお酒を断つことが大切だという話は有名でしょう。しかし、お酒がどうしてもやめられないという人もいるはずです。そのような時に気になるのが、高血圧のリスクが酒の種類によって変わるのか否かという点では無いでしょうか。

確かに、お酒の種類によっても度数などが異なりますので、高血圧のリスクは変わってきます。しかし、お酒の種類によるカリウムや食塩、肥満度などの調査を行ったデータもあるのですが、種類によって高血圧を左右するほどの大きな違いは現れていないのです。あえて言うのであれば、ビールに比べると日本酒の方が多少低い程度であり、反対にリスクが高くなるのはウイスキーやワイン、そして焼酎です。お酒の種類の中でも焼酎が最もリスクが高いという結果が出ていますので、できれば焼酎では無く、ビールなどのお酒を選んだ方が良いでしょう。

また、いくらリスクが低いお酒の種類であっても、量を多く飲んでしまえば意味がありません。目安とするのであれば、ビールは1日中瓶で1本、日本酒は1合、ウイスキー水割り2杯といった量でしょう。もちろん、これより少なければ少ないほど高血圧のリスクは低くなりますので、把握しておくと良いでしょう。特に今まで毎日のように大量にお酒を飲んでいた人は、それが原因で血圧が高くなっている可能性もあるのです。そのような場合は、毎日では無く、3日に1度という形で頻度を減らしていきましょう。最初は辛いと感じるかもしれませんが、徐々に慣れてくるのではないでしょうか。

お酒の好みは人によって異なるでしょうから、必ずしもリスクが低いビールや日本酒だけ飲むというわけにはいかないかもしれません。しかし、自分で努力することによって血圧に変化が見られれば安心できるはずです。お酒を大量に飲むことはその他の病気にも影響してきますので、その他の病気を予防するためにもお酒の量を意識して控えてみて下さい。