高血圧に効果的なカリウムが含まれている食材

高血圧に効果的なカリウムが含まれている食材

高血圧を改善する場合、カリウムが含まれている食材を摂取することが効果的です。体内でナトリウムの量が増えることによって血圧が上昇してしまうのですが、カリウムはナトリウムの再吸収を抑制する効果が期待できるのです。つまり、血圧の上昇を抑えることができるというわけです。人間は普段の食生活で意外と塩分を摂取する機会が多いため、ナトリウムの再吸収を抑制できるカリウムを摂取することが大切なのです。では、カリウムが多く含まれている食材について、詳しく紹介しましょう。

カリウムは野菜や果物に多く含まれています。たとえば、果物ならバナナ・干し柿・キウイ・メロンなどが挙げられます。野菜ならさつまいも・ブロッコリー・さといも・春菊などがあります。でも、実際にカリウムは1日にどの程度摂取すれば良いのか分からない人が多いのではないでしょうか?カリウムは1日に3,500mg摂取するのが理想的だと言われています。たとえば、バナナなら1本で390mg含まれていますし、春菊も50g300mg含まれているのです。しかし、その10倍程度の量を摂取する必要がありますので、毎日摂取するのが難しいと感じる人もいるかもしれません。それなら、少し工夫をしながらカリウムを補う努力をするのが大切です。

たとえば、食事の際にカリウムが多く含まれている食材を多く摂取して、間食の際にもカリウムが多く含まれている果物を摂取すると良いでしょう。間食も1度にするのではなく、1日のうちに10時頃、15時頃、夕食の後…という形で13回程度に分けることができれば、意外と多い量を摂取することができるのではないでしょうか。

それでも充分な量の食材を摂取するのが難しいのなら、サプリメントなどを利用する方法もあります。サプリメントはインターネット通販でも購入出来ますし、ドラッグストアでも販売されていますよね?今まで気にしたことが無いかもしれませんが、カリウムのサプリメントもありますので、利用してみると良いでしょう。サプリメントなら意外と安い価格で購入できるはずですから、検討してみて下さい。ただ、それだけで充分なわけではなく、高血圧を改善するには運動をするなどの生活習慣の見直しも大切ですから、意識してみましょう。