高血圧は食材で改善するのもポイント

高血圧は食材で改善するのもポイント

高血圧は毎日の食事を見直すことが大切です。基本的には栄養バランスのとれた食生活を送ることが重要ですが、それだけでなく、摂取する食材に気を付けることもポイントです。食材の中には、高血圧の改善に役立つものも多々ありますので、今回は食材の内容に注目して紹介しましょう。

高血圧を改善するには、タンパク質を摂取する事も効果的です。タンパク質は健康的な血管作りに役立ちますし、タンパク質が含まれている食材は多々あり、比較的摂取しやすいものなのです。

タンパク質は大豆・肉・魚・卵・乳製品に多く含まれていますが、高血圧の人はお肉を摂取し過ぎると悪影響を及ぼすこともありますので注意して下さい。適度な量を摂取することが大切です。また、卵もコレステロールが豊富に含まれていますので、食べ過ぎないようにしましょう。注意することはあるものの、比較的摂取しやすい食材が多いですから、タンパク質なら毎日でも摂取できるのではないでしょうか。

また、普通の白米では無く、玄米を食べた方が血圧の上昇を抑制するのに効果的です。また、血糖値の上昇を抑制できますので、高血圧の人だけでなく、血糖値が高い傾向にある人にも向いている食材でしょう。

それから、麺類の中でもそばは高血圧の改善に役立ちます。そばにはルチンが含まれているのですが、血圧の上昇を抑制することができるのです。血管を丈夫に保つ役割も果たしていますので、加齢によって血管が衰えがちな人にもオススメな食材です。

わかめなどの海藻類も、高血圧の改善に役立つ食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維はナトリウムの排出を促進しますし、海藻類に含まれるアミノ酸にも血圧の上昇を抑制する効果が期待できます。また、海藻類はカロリーが低く、ヘルシーな食べ物ですから、ダイエットにも役立ちます。肥満によって高血圧になる人も多いですから、積極的に摂取したい食材だと言えます。

このように、高血圧の改善に役立つ身近な食材は多々ありますので、意識して毎日摂取してみて下さい。飽きないように、色々な食材を組み合わせるのがオススメです。