高血圧の人はサウナで汗をかくのに注意!

高血圧の人はサウナで汗をかくのに注意!

高血圧の人は、間違った日常生活を送ることでトラブルが生じる場合があります。何もしない状態で普通の人よりも血圧が高い状態ですので、血圧が上昇するようなことをすれば、血圧が上がり過ぎてしまって倒れてしまうかもしれません。そのようなトラブルが生じやすいのがサウナですので、高血圧の人はサウナで汗をかくのは避けた方が良いかもしれません。

一般的には、サウナによって汗をかき、体内の老廃物や毒素が排出されますので、健康に効果的だと言われています。健康効果を得る目的でサウナを利用する人もいるでしょうが、サウナは暑い場所ですから誰でも血圧が上がるものなのです。高血圧の人が利用した場合、短時間で急激に血圧が上がることになりますので、血管に大きな負担が掛かり、倒れてしまったり動脈硬化などを引き起こす危険性があります。

それから、汗をかくだけでなく、サウナから出た後に冷水を浴びる際にも注意が必要です。サウナを利用した後は体を冷やすために冷水を浴びる事もあるでしょうが、高血圧の人が冷水を浴びると血圧が急に変化するため、ヒートショックという状態を引き起こしやすいのです。非常に危険ですので、サウナから上がった後に冷水を浴びるのも避けましょう。

サウナが自宅にあったり、自分で温度設定が行えるのであれば、高血圧の人でもサウナを利用することはできるでしょう。血圧が上がり過ぎないように、低めの温度設定にすれば良いのです。しかし、それが難しいのであればサウナを利用するのは避け、別の方法で高血圧を改善するように心がけてみて下さい。本来ならサウナを利用して疲労回復効果なども期待できますが、別の方法でも体に負担を掛けずに疲労回復することはできますので安心して下さい。

高血圧の人は、急激に体温が変化するサウナの利用は止めて、できれば自宅で手軽に実践できる方法を試すのが1番ではないでしょうか。少し生活習慣を見直すだけでも効果は期待できますので、何をすれば良いのか分からない…と悩んでいるのであれば、まずは自分が実践できることから始めてみましょう。