高血圧で数値が200以上は危険?

高血圧で数値が200以上は危険?

高血圧と言っても、いくつかの段階がありますので、その数値によって危険度も異なります。一般的に血圧が140以上になると高血圧だと言えますので多少は危険であると想像が付くでしょう。しかし、中には血圧が200以上の人もいるのです。140に比べると200はどれぐらい危険なのか、それなりに想像ができるのではないでしょうか?

高血圧の段階の中で最も危険度が高いのがⅢ度高血圧という分類なのですが、これは最高血圧が180mmHg以上の状態を指します。200というとそれ以上ということになりますので、最も危険度が高い数値だと言えるのです。本来はⅢ度高血圧に分類されますが、210以上になると悪性高血圧という場合もありますので、200以上は悪性高血圧になる可能性が充分に考えられます。200以上になることは無いだろうと安心している人もいるでしょうが、高血圧患者の200人に1人は悪性高血圧になるとも言われていますので、他人事ではありません。もしその状態が改善されず、長期的に続くと命に関わりますので、少しでも早く改善する必要があります。

医療機関で高血圧だと診断された場合、悪性高血圧となればいつもより更に危険ですから、医療機関でも早急に何らかの治療が行われるはずです。まずは薬物療法を用いて、毎日薬を飲み続けることになるでしょうが、薬を飲めば血圧の上昇は抑えられるはずですから、それなりに効果が実感できるでしょう。ただ、それで安心はできません。あくまで血圧の上昇を薬の作用によって抑えているだけですから、飲むのを中止してしまうと元の状態に戻りやすいのです。特に血圧が200以上もある場合はそう簡単に血圧は下がらないはずですから、決して安心せず、自分で努力をすることが大切です。

どのような生活習慣を送れば良いのかについては、医療機関でもアドバイスを受けるはずです。また、血圧があまりにも高い場合は他の合併症を引き起こしている可能性も考えられますので、病気に罹っているのかどうかを判断するために詳しい検査を受けることも大切です。もし病気が判明したのであれば、同時にその病気の治療も行うことになるでしょう。

病気を治療するのはそう簡単なことでは無いでしょうが、きちんと治療を続けることで徐々に症状は治まるでしょうから、努力してみて下さい。そのまま放置すれば命に関わりますし、どんどん進行してしまうはずです。少しでも早く自分が危険な状態にあることに気付いて治療を受けてみて下さい。