高血圧とコレステロールに効果的な食事とは

高血圧とコレステロールに効果的な食事とは

コレステロール値が高いと高血圧に影響する可能性があるため、どちらも防ぐのに効果的な食事を心がけたい人は多いはずです。では、どのような食事が良いのかというと、基本的には栄養バランスがとれた食事です。高血圧やコレステロールの改善に良い食材を積極的に摂取することも大切ですが、基本的には栄養バランスがとれた食事を意識してみましょう。そして、その中で高血圧に効果的な食材を積極的に摂り入れると、きっと効果が実感できるはずです。

また、基本的にお肉では無く、魚を摂取することが大切です。お肉は血液の流れの妨げになる可能性がありますし、高血圧を引き起こしやすい肥満になる恐れもあります。なので、意識して量を減らし、その分魚を摂取してみて下さい。コレステロールを下げるには、ほたて・カキなどの魚介類が効果的ですから、そのような食材を使ってみると良いでしょう。

どちらにも効果的なのは食物繊維です。食物繊維は様々な野菜に含まれていますので、積極的に摂取しましょう。体内のコレステロールを排出する作用がありますし、比較的摂取しやすい食べ物ですので、コレステロールに悩んでいる人は毎日のように摂取するのがオススメです。食物繊維は便秘の改善にも役立ちますので、便秘気味の人には特に向いている栄養素です。

それから、油は控える必要がありますので、揚げる調理法はできるだけ避け、蒸したり、油を使うとしても健康に良いオリーブオイルなどを使用するのがオススメです。

どちらにも共通するのは、このようなポイントです。その上で、それぞれの改善に効果的な食材や注意点もありますので、できるだけ幅広い知識を身に付けることが大切です。たとえば、高血圧の場合は減塩が重視されていますし、コレステロールの場合は、レバーなどは控える必要があるという注意点があります。

共通点は多いですから、意識した食生活を送ることでどちらの予防・改善もできる可能性は充分にあります。大変かもしれませんが、意識して健康的な食生活を送ってみて下さい。