糖尿病と高血圧にピッタリな献立

糖尿病と高血圧にピッタリな献立

高血圧の合併症として糖尿病が挙げられます。それだけ関係が深いものですから、糖尿病と高血圧の両方で悩まされている人もいるでしょう。どちらも食生活を改善することが効果的だと言われていますが、中にはどちらにも効果的な献立もあるのです。そのような献立を知り、意識した食生活を送ることがポイントです。

基本的には、和食が良いのですが、和食でも塩分が少ないメニューを選びます。主食の他に、主菜や副菜もきちんと用意し、特に食物繊維を多く摂りいれた食事にしましょう。たとえば、ごぼう・切り干し大根・ブロッコリーなどの野菜に食物繊維は多く含まれています。ブロッコリーはそのまま食べても良いですし、切り干し大根は手軽に作ることができますので活用してみましょう。

また、主菜の内容ですが、お肉よりも魚を選ぶことが大切です。魚はコレステロールや脂肪分も少なく、高血圧や糖尿病の改善にはピッタリです。主菜を魚にして、ほうれん草などのおひたし、薄味の煮物などの献立にしてみてはいかがでしょうか。

それから、洋食にするなら鶏のささみ・胸肉などを選び、ほうれん草のソテー、豆腐サラダなどのように、ヘルシーな献立を心がけましょう。脂身のある食べ物は避け、基本的にはさっぱりとしたものを食べるようにすれば、きっと糖尿病や高血圧にも効果が現れるはずです。

間食したいと思うこともあるかもしれませんが、そのような時は果物を食べましょう。特に食物繊維が多いリンゴなどを選ぶと腹持ちも良いですし、高血圧や糖尿病にも効果的です。

自分で献立を考えるのが難しいのであれば、医療機関を受診してみましょう。医療機関では治療が必要だと判断した場合、食生活に関するアドバイスもしてくれるはずです。その上で降圧剤などとの治療を併用すれば、より早く効果が現れるでしょう。食事に飽きた時には、インターネットを活用してレシピを探すと、飽きずに高血圧や糖尿病に効果的な食生活が送れるはずです。