高血圧の降圧剤とグレープフルーツの関係性は?

高血圧の降圧剤とグレープフルーツの関係性は?

高血圧の降圧剤を服用している時にグレープフルーツを食べるのは危険だと言われています。その理由や内容について詳しく紹介しますので、あらかじめ把握しておきましょう。

高血圧の治療の際に降圧剤が用いられることがありますが、降圧剤の種類によってはグレープフルーツとの相性が悪いものもあるのです。それがカルシウム拮抗薬なのですが、カルシウム拮抗薬は血圧の上昇を抑える効果が得られるという特徴があります。その上でグレープフルーツを摂取すると、薬剤の代謝に必要な酵素の働きを阻害してしまい、血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるのです。つまり、薬を多く摂取し過ぎた状態になってしまうため、必要以上に血圧が下がり過ぎてしまうというわけです。

また、グレープフルーツを食べるだけでなく、グレープフルーツジュースも避ける必要があります。グレープフルーツ自体を摂取することが良くありませんので、ジュースにも注意が必要です。その他のかんきつ類の場合は影響が無いと言われていますので、その点は安心して下さい。

では、血圧が下がり過ぎるとどのような症状が現れるのかと言うと、まるで低血圧の状態になるため、貧血・立ちくらみ・胃腸からの出血・腎機能障害など、様々な症状が現れる可能性があります。さらに重い副作用が生じる場合もありますので、油断してはいけません。たとえ少量でも反応が出やすいですから、降圧剤を服用する際には、残念ですがグレープフルーツの摂取は控えましょう。

カルシウム拮抗薬を処方される際に、この点については医師から説明を受けるでしょう。しかし、降圧剤は長期間に渡って服用することが多いため、つい忘れて食べてしまう可能性もあるはずです。それを避けるために、しっかりと危険性を理解し、自分自身で注意することが大切です。グレープフルーツ以外に、ライムでも同じような症状が現れるという話もありますので、念のため控えた方が安心です。もし不安なことがあれば、医師に必ず確認し、納得した上で服用して下さい。