高血圧の降圧剤の具体的な副作用

高血圧の降圧剤の具体的な副作用

高血圧だと診断された場合、医療機関で降圧剤を処方されることもあるでしょう。降圧剤に限らず、どのような薬にも副作用が生じる危険性がありますので、どのような副作用が生じる可能性があるのか不安に思う人もいるのではないでしょうか。

降圧剤の副作用は薬の種類によっても異なります。たとえば、カルシウム拮抗薬の場合は、頭痛・ほてり・動悸・むくみ・便秘などの副作用が生じやすいのです。

続いて、ARBの場合は、基本的な副作用はありませんので安心です。しかし、重症肝障害や腎障害の人や妊婦さん、授乳中の方は服用が禁止されていますので、きちんと医師に伝えることが大切です。

利尿薬は日本で処方されることは少ないのですが、副作用としては便秘・けいれん・麻痺・嘔吐・筋力の低下・血糖値の下降・尿酸値の上昇などが挙げられますので、非常に危険です。ただし、服用量が少なければリスクは減らせますし、必ずしも副作用が生じるわけではありませんので、安心して下さい。

続いてβ遮断薬ですが、利尿と同様に血糖値が上昇したり、脂質の代謝にも悪影響を及ぼす場合があります。また、気管支ぜんそくの人は使用できませんので注意して下さい。また、自己判断によって服用を中止するのも非常に危険です。

α遮断薬にも副作用があり、たとえば失神・動悸・めまいなどの症状が現れることがあります。しかし、このような副作用を防ぐために、最初は量を少な目に投与することが多いですから安心して下さい。

このように、高血圧の薬によって副作用の度合いなどは様々です。副作用が生じる危険性があることをきちんと把握した上で、正しい量を服用することが大切です。医師の話を良く聞き、用法・用量を守った上で、服用しましょう。副作用についての説明も受けるはずですが、説明不足だと感じたのであれば、納得できるまできちんと話を聞きましょう。よく理解できていない状態で薬を服用するのは非常に危険です。副作用が生じた時にはどうすれば良いのかなども医師に確認しておくと良いでしょう。