厚生労働省のホームページに掲載されている塩分と高血圧の関係

厚生労働省のホームページに掲載されている塩分と高血圧の関係

厚生労働省のホームページを見ると、高血圧に関する情報が掲載されています。厚生労働省のホームページは文字が多く、分かりづらいようなイメージを持つかもしれませんが、そのようなことはありませんので安心して下さい。実際に見てみると分かるのですが、誰が見ても分かりやすいように、文字が大きかったり、簡潔にまとめられていたり、イラストが掲載されているなどの工夫がされているのです。

厚生労働省のホームページでは、高血圧を防ぐ食事として、食塩量を減らすことが重要であることが掲載されています。塩分は高血圧に大きな影響を与えますので、塩分の摂取量を減らすことが重要なのです。特に現代人は塩分の摂取量が多いですから、意識して控えることが大切です。

塩分の摂取量が多い人ほど、高血圧であるというデータもありますので、重要視されています。塩分と高血圧の関係ですが、食塩にはナトリウムが含まれていますが、ナトリウムは血管を収縮して血圧を上昇させる作用があるのです。

しかし、料理を作る際に食塩は不可欠とも言える存在ですので、控えると言ってもどの程度控えれば良いのか分からずに悩んでしまうのではないでしょうか。日本人の食事摂取基準では、成人した日本人の場合、目標値は男性で10グラム未満、女性で8グラム未満とされています。そんなに多くの塩分を摂っていないから大丈夫と思うかもしれませんが、13食で考えると、オーバーしている人は多いのです。

さらに、高血圧になった場合は、16グラム未満を目標としなければならないため、非常に厳しいことが伺えるでしょう。塩分の代わりに調味料を活用するなどして、薄味を心がけることが大切です。

特に、身近な食べ物であるラーメン、漬物、干物、ちくわなどの加工品には、多くの食塩が含まれているのです。お酒のおつまみになるような食べ物にも多く含まれていますので、意識して食べる量を減らした方が良いでしょう。たとえば、ラーメンの場合はスープを飲まないように心がけるなどの工夫が大切です。