動悸がひどい場合は高血圧と更年期が原因?

動悸がひどい場合は高血圧と更年期が原因?

年齢を重ねると、動悸・息切れなどの症状が現れることもあるでしょう。しかし、動悸は様々な病気が原因で起こる症状の1つですので、あまりにも動悸がひどいと、何かしらの病気なのではないかと不安に思う人もいるはずです。

実際に、動悸という症状が起こる病気として高血圧が挙げられます。高血圧は高齢になると罹りやすいのですが、高血圧になると血液の流れが悪くなり、酸素が行き届きにくくなることから、動悸が生じやすいのです。

また、更年期になると、更年期障害によって動悸・息切れ・だるさなどの症状が現れることもありますので注意が必要です。更年期障害が原因で高血圧になる可能性も考えられますので、人によってはどちらも発症しているかもしれません。

更年期の高血圧になると、更年期障害で起こりやすい動悸・頭痛・ほてり・息切れなどの症状が現れやすいですから、自分の症状をチェックしてみましょう。

それから、更年期になるとホルモンバランスの乱れによって様々な症状が現れやすいのですが、自分が更年期障害であることに気付きにくいと言われています。ちょっと動悸がしたからといって、すぐに更年期障害や高血圧を思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか?それに、更年期になると血圧も変動しやすくなるため、自分が高血圧であることにも気づきにくいという特徴があります。

動悸が長く続くのは良くありませんし、高血圧の場合は動脈硬化、心筋梗塞などの危険な合併症を引き起こしやすいという特徴があります。ですから、動悸が気になるのなら、まずは自宅で血圧を測定したり、その他の更年期障害の症状が現れていないかチェックしてみて下さい。その上で、高血圧や更年期障害の可能性があるのなら医療機関を受診することが大切です。

動悸の場合は、自分で緩和することは難しいでしょうが、無理をせずに、できるだけ安静にして過ごすことが1番です。結局無理をすると、心筋梗塞などの命に関わる症状を引き起こす場合がありますので、無理は禁物です。