高血圧で更年期の治療方法

高血圧で更年期の治療方法

更年期になると、高血圧になりやすいと言われています。更年期というと、5060代のことを指すことが多いですが、この時期になると更年期障害を引き起こしやすいのです。更年期障害の症状は様々ですが、その1つに高血圧が挙げられるのです。

更年期障害になると、精神的に不安定な状態になり、うつになる人もいます。更年期になってホルモンの分泌量が変化することで、自律神経のバランスが崩れ、精神面に悪影響を及ぼすことがあります。自律神経のバランスの乱れによって血圧が上昇することもありますので、更年期には特に注意が必要です。高血圧は継続的にストレスを抱えることにより、血圧が上昇することがあるのですが、ストレスを抱えることで自律神経のバランスが崩れることが原因です。なので、更年期になって自律神経のバランスが崩れることで血圧が上昇しやすいというわけです。

更年期障害が原因で高血圧になった場合、どのように治療を行うのかというと、一般的な高血圧の治療とは少し異なります。更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因ですから、血圧を下げる薬を服用するよりも、ホルモンバランスを整える薬を服用することが効果的なのです。

ホルモンを補う薬もありますし、精神面が影響を及ぼしているのであれば、抗うつ剤を使用することもあります。もし更年期で高血圧になってしまった場合は、一般的な治療方法とは異なるため、自己判断をしない方が良いでしょう。

基本的に、高血圧は自分で治療する方法もありますが、更年期障害が原因の場合は、自分で努力したとしても改善が難しい傾向にあります。そのまま放置すれば危険ですし、様々な症状に悩まされる可能性もあるため、医療機関を受診して、治療方法のアドバイスを受けることをオススメします。

更年期障害の治療を受けることで、高血圧以外の症状も治まる可能性が高いですから、いくつかの症状が現れているのであれば、医師に相談するのが1番です。年齢を重ねれば次第に症状は治まりますが、高血圧を放置すれば合併症を引き起こす危険性もあるため、注意が必要です。