高血圧の高齢者に効果的な食事

高血圧の高齢者に効果的な食事

高血圧の高齢者に効果的な食事について把握しておくと、きっと役立つでしょう。やはり食事は毎日のことですから、高血圧への影響も大きいのです。

高齢者の場合、塩分を摂取する機会が多い人もいるでしょう。しかし、塩分は血圧の上昇を促進させる作用があるため、摂取量には注意が必要です。特に、すでに高血圧の場合は、16g程度に抑える必要がありますので、意外と難しいと感じるのではないでしょうか。小さじ1杯が5gですから、1日にその程度しか摂取できないとなると、かなりの薄味にする必要が出てくるでしょう。基本的には、塩分を控えることから始めることが大切です。

また、栄養バランスのとれた食生活を心がけることもポイントです。なかなか毎日、毎食栄養バランスを考慮することは困難かもしれませんが、できるだけバランスよく、色々な栄養素を摂取しましょう。

それから、積極的に高血圧の改善に役立つ栄養素を摂取することも大切です。カリウムもその1つですが、カリウムは高血圧の原因となるナトリウムを体外に排出するという働きがあるのです。カリウムが含まれている食品は多々ありますので、毎食摂取するように心がけてみて下さい。

その他、タンパク質やカルシウムなどの栄養素も欠かせません。高齢者の場合は特に骨なども衰えてしまいますので、積極的にカルシウムを摂取しましょう。

さらに、油分や脂質、糖分の摂取にも要注意です。特に動物性脂肪を摂取し過ぎると、高血圧の合併症である動脈硬化を引き起こす可能性が高くなるのです。命の危険性もありますので、動脈硬化を防ぐためにも、動物性脂肪は控えて下さい。

このように、高血圧の場合は食事において気を付けるべきポイントは多々あります。面倒に感じるかもしれませんが、毎日続けることで、健康維持・促進に役立ちますので、意識してみて下さい。すでに高血圧の人も、食事療法を取り入れることで、徐々に血圧が安定してくるかもしれません。できれば、運動療法などとも組み合わせて実践すると、さらに効果が高まります。