高血圧が高齢者に多い原因とは?

高血圧が高齢者に多い原因とは?

高血圧は高齢者に多いと言われていますが、この原因は何なのでしょうか。

高血圧になる原因は多々ありますが、高齢になると、運動をする機会が少なくなるでしょう。運動不足の状態が長く続くと代謝が落ちて血液の流れが悪くなるため、高血圧になりやすいのです。

また、塩分の摂取量が多いことも原因の1つです。高齢者の中には、濃い目の味付けを好む人もいるはずですが、そのような食生活を送っていると、血圧が上昇しやすくなってしまいます。

それから、運動をする機会が少なくなる上にお酒を飲む機会が多い高齢の男性の場合は、特に注意が必要です。お酒の飲み過ぎも高血圧の原因となるのですが、その上運動をする機会も少ないとなると、メタボリックシンドロームになる危険性もあります。肥満の人は普通の体型の人に比べて高血圧になりやすいですから、このような生活習慣を送っている人は危険なのです。

なかなか難しいかもしれませんが、11つの原因を見ると、ちょっとしたことでしょう。意識して生活習慣を見直すことで高血圧が改善される可能性は充分にありますので、今から生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。