カフェインが含まれているコーヒーと高血圧の関係

カフェインが含まれているコーヒーと高血圧の関係

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインは高血圧に悪影響を及ぼす可能性があると不安に思っている人もいるようです。確かに、カフェインは胃腸に負担を掛けますので、あまり大量に飲むのはオススメできません。しかし、高血圧の原因になることは無いことが研究によって証明されていますので、その点は安心して下さい。

コーヒーを飲み続けたからと言って、それが原因で高血圧になることは無いようです。むしろ、コーヒーを飲んだ方が高血圧のリスクは低下するという研究結果も出ていますので、高血圧を予防するためにコーヒーを飲むのもオススメです。

ただし、同じカフェインが含まれている紅茶は高血圧のリスクを高める可能性も考えられるため、高血圧予防のために飲むのであれば、コーヒーだけにしましょう。コーヒーが好きな人は1日に何杯も飲むでしょうが、高血圧を予防する場合は、1日に34杯飲んだ方が良いとも言われていますので、参考にしてみて下さい。