高血圧にコーヒーと紅茶は禁物?

高血圧にコーヒーと紅茶は禁物?

高血圧の人はコーヒーや紅茶の摂取量を控えた方が良いという噂もありましたが、これは嘘ということが分かったようです。実際に、アメリカでの研究が行われた結果判明したことであり、コーヒーや紅茶が血圧を上昇させるわけではなく、むしろ血圧を下げる効果があるとも言われています。

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれており、そのカフェインに血圧の上昇効果があると言われていましたが、カフェインは高血圧を引き起こすことはありません。実際に、長期間に渡ってコーヒーを摂取した人でも、血圧はほとんど上昇しなかったそうです。

まだはっきりとしたことは分かっていませんが、毎日コーヒーを摂取し続けることにより、アメリカの女性の場合は高血圧の危険性が減少したとも言われていますので、高血圧を予防したいのであれば、コーヒーを摂取すると良いでしょう。

紅茶の場合も、高血圧とは無関係と言われていますが、場合によっては高血圧になる危険性が少し上昇することもあるようです。ですから、高血圧が気になるのであれば、紅茶では無く、コーヒーを摂取することをオススメします。