高血圧の検査値の見方について

高血圧の検査値の見方について

健康診断などで血圧を測定した場合、検査値はどのような見方をすれば良いのでしょうか。

高血圧の基準は、収縮期血圧と拡張期血圧、どちらも確認する必要があります。収縮期血圧は最大血圧とも言い、高い方の血圧を指します。収縮期血圧は反対に低い方の血圧であり、最小血圧と言われることもあります。

至適血圧は、収縮期血圧が120mmHg未満、かつ拡張期血圧が80mmHg未満です。続いて、正常血圧が、収縮期血圧が130mmHg未満、かつ拡張期血圧が85mmHg未満です。

続いて、正常高値血圧が収縮期血圧が130139mmHg未満、または拡張期血圧が8589mmHg未満、それから肝心な高血圧ですが、軽度の高血圧が収縮期血圧140159mmHg未満、または拡張期血圧が9099mmHg未満となります。つまり、これ以上血圧が高い場合は高血圧ということになるため、再検査が必要だと記載されているのではないでしょうか。

まずは数値を確認するだけで高血圧かどうか知ることができますので、検査値を確認してみましょう。