高血圧の検査データについて

高血圧の検査データについて

健康診断を受けると、その結果が後日検査データとして自宅に送付される、もしくは職場で受け取ることになるでしょう。健康診断の項目の中に、必ず血圧の測定は含まれていますので、検査データを見ることで、高血圧なのかどうか、その疑いがあるのかという情報を知ることができます。

血圧は、正常値が100140mmHg6090mmHgですので、これ以上でもこれ以下でもいけません。低血圧か高血圧ということになります。あまりにも高すぎる場合は、その時に測定し直すこともありますし、食後の場合は血圧が高くなりやすいため、その点も多少考慮されるでしょう。

この数値に異常が見られた場合は、医療機関で改めて検査を受ける必要があるでしょうから、もし記載されていた場合は、必ず受診しましょう。その他にも、健康診断では血清脂質検査など、高血圧の合併症と関わりが深い検査も行われますので、自分の状態を把握するためにも、定期的に受けることをオススメします。