高血圧の医療機関での検査項目

高血圧の医療機関での検査項目

高血圧かどうか調べるために医療機関に行くと、検査をすることになるでしょう。高血圧の検査項目は意外とたくさんありますので、あらかじめどのような検査を行うのか把握しておくと安心です。

まずは問診を行い、血圧を測定します。それから、肥満かどうか調べたり、尿や血液の検査、合併症の有無を確かめるために眼底検査や心電図、胸部X線などの検査も行います。これらの検査をするだけでも意外と時間が取れらますので、時間の余裕のある時に受診することをオススメします。

また、これらの検査をした上で合併症の疑いが強い場合や血圧が高すぎる場合は、さらに検査項目が追加されることもあります。それが、スクリーニング検査と呼ばれるものであり、さらに必要があれば精密検査を行うことになるでしょう。

精密検査まで必要無いと思うかもしれませんが、高血圧は様々な合併症を引き起こす、非常に危険な生活習慣病なのです。きちんと現状を把握するためには必要なことですから、その可能性も踏まえた上で受診してみて下さい。