血圧の正常値と高血圧について

血圧の正常値と高血圧について

血圧の正常値がどのくらいで、どこからが高血圧なのかご存知でしょうか。

血圧の正常値は、収取期血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満を指します。続いて、正常高値血圧は、収縮期血圧が130mmHgから139mmHg未満、拡張期血圧が85mmHgから89mmHg未満です。

そして、肝心な高血圧ですが、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合となります。それ以上になると、三段階に分かれますが、収縮期血圧が180以上、拡張期血圧が110以上になると非常に危険です。

自分の血圧を把握し、正常の血圧の範囲内であるのかどうか、きちんと確かめることは重要です。もし、正常高値血圧なのであれば、ちょっとしたことで高血圧になる可能性は充分に考えられますので、高血圧の予防に努めることをオススメします。