高血圧だと血栓ができやすい

高血圧だと血栓ができやすい

高血圧になると、血栓ができやすくなるため、脳梗塞などを引き起こしやすくなります。高血圧になると血管が収縮して、血液の流れが悪くなるという特徴があります。また、血管自体も傷つきやすくなり、血栓ができやすいと言われています。血管が圧迫された状態が続くのは良くありませんし、高血圧が悪化すると、血流が停止する可能性も考えられるのです。

特に、脳への影響も大きいのですが、脳に必要な血液が行き届きにくくなる上に、血液が固まってしまうと、脳梗塞を引き起こします。たとえ命が助かったとしても、後遺症が残る可能性も考えられますので、非常に危険です。

たかが高血圧だから…と甘く見ていると、病気に罹る可能性が考えられますし、命にも関わります。それなら、早い段階で高血圧を改善した方が安心です。