高血圧は血管が細い人は要注意

高血圧は血管が細い人は要注意

血管が細い人は高血圧になりやすいという特徴がありますので、注意して下さい。自分の血管が細いかどうかは自分で判断しづらいかもしれませんが、血管が細いと、血液の流れによって血管が傷つきやすいというデメリットがあるのです。血液は常に流れているものですから、長い間血管に負担が掛かり続けることにより、血管が破れてしまう可能性も高いのです。

また、高血圧になると血管が収縮しやすい状態になり、余計に血液の流れが悪化します。そうすると、血管に余計な負担が掛かり、動脈硬化などのトラブルが起こりやすいという特徴があります。

元々血管が細い人はどうすることもできないと思うかもしれませんが、できるだけ血管を広げる方法もあります。血管の収縮を抑制する生活習慣もありますので、そのような心がけをすることが大切です。そうすることで、高血圧の予防・改善効果を得ることができます。