高血圧と血管年齢の関係について

高血圧と血管年齢の関係について

血管年齢というものがあるのをご存知でしょうか。普段、自分の血管年齢を知ることは難しいかもしれませんが、高血圧の人は血管年齢が実年齢を上回っている可能性があります。

血管年齢が高いということは、それだけ血管が衰えている証ですが、高血圧になると血管が収縮して負担が掛かるため、衰えやすくなります。高血圧の状態が長ければ長いほど、血管の老化に影響しますので、注意が必要です。血管年齢が高ければ、いずれ血管が破裂する恐れもあるのです。

血管年齢を若く保つためには、高血圧を防ぐこと、そして万が一高血圧になった場合は、少しでも早く高血圧を改善することが大切です。高血圧の改善が血管年齢を若返らせることにも繋がりますので、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などのトラブルを予防するために、血管年齢を若返らせる努力をすることが大切です。

まずは血圧を測定して、高血圧かどうかを確かめてみましょう。