高血圧で血管収縮する理由

高血圧で血管収縮する理由

高血圧というのは、拡張期血圧と収縮期血圧のどちらが高くても、高血圧だと診断されるのです。血液というのは、心臓から全身に送り出されているのですが、心臓が収縮した時の血圧のことを収縮期血圧と言うのです。その後で、全身の血液が心臓に戻ったタイミングで心臓が拡張した時の血圧のことを、拡張期血圧と言います。

通常の血圧の人でも、血管が収縮することはあります。しかし、血管収縮の時間が長ければ、血圧は常に高い状態が続きますので非常に大変です。

血管が収縮する理由は多々考えられますが、多くは日常生活が影響しています。ストレスを感じたりするだけでも血管は収縮するのですが、ストレスを溜めこむと収縮した状態が長く続くため、高血圧になりやすいのです。

また、血管の収縮を促進する食べ物、飲み物もあるため、乱れた食生活を続けるのも良くありません。生活習慣を見直すのは大変なことかもしれませんが、高血圧を改善するには、血管の収縮を緩和することが大切です。