高血圧には血管拡張薬を用いる治療法も

高血圧には血管拡張薬を用いる治療法も

高血圧の治療法は多々ありますが、自分での改善が難しい場合は、血管拡張薬を用いて治療する場合もあります。

高血圧は血管の収縮が原因で起こるため、血管を広げることが高血圧の改善に繋がるのです。もちろん、自分で血管を広げることができれば良いのですが、それが難しい場合は、血管を広げる作用のある薬を用いることにより、血圧の上昇を抑制することが可能です。

血管拡張薬にもいくつかの種類がありますので、自分の症状に合わせて処方されるのが一般的です。商品名としては、アピラコール、ヒドラプレス、ブテラジン、エシドライなど、色々な商品が挙げられます。

高血圧で悩んでいる人は、血管拡張薬を使用して改善すれば良いと思うかもしれませんが、副作用が生じる可能性もありますので、その点も把握しておきましょう。たとえば、頭痛・ほてり・脈がはやくなる・むくみなどの副作用が挙げられるため、仕事や日常生活に支障をきたす可能性が考えられます。

医師と相談しながら、高血圧の治療が必要な場合は、治療法を検討してみて下さい。